付き合う前のデートの成功率を高める方法

付き合う前のデート。

かわいいあの子と一緒に付き合えたらなぁと思われたことが過去に一度か二度はありますよね。

 

今回は付き合う前のデートの成功率を高める方法を解説します。

付き合う前には具体的にどのような行動を取ればいいのか?確実にチャンスをものにするための告白の流れや告白おすすめスポットを紹介します。

また、付き合う前に手を繋いだり、キスをしたり、〇○○するのはどうなのかも女性目線で紹介していきます。

付き合う前のコツは連絡頻度を増やす

女性とお付き合いする前に第一に考えるべきことは連絡頻度を増やすということです。

  • LINE
  • メッセンジャー
  • mixi
  • ペアーズ
  • Omiai
  • マッチドットコム

などの数多くのSNSやアプリがありますが、連絡の手段はたくさんあります。

 

付き合う前にいかにこれらのツールを使いながら、接触頻度を高めるのかがポイントになります。

逆に、この時の連絡の内容や頻度が違ってしまうと、次のお付き合いというレベルまで発展させることはできません。

それでは、理想的なメッセージの内容や頻度について詳しくみていきましょう。

付き合う前の理想的なLINEの頻度や内容?

メッセージの交換手段は色々ありますが、ここでは、LINEにスポットを当てて解説をしていこうと思います。

付き合う前の関係を築く際に、このLINEをどのように使うのかが重要になります。

では、このLINEをどのように使いこなせばいいのでしょうか?

LINEは毎日使っても問題ない

LINEなのですが、基本的に毎日使っても問題ありません。

  • 「おはよう」
  • 「お疲れ様」
  • 「元気?」

このような気軽なコメントで構いません。

 

ただし、全体的に朝の時間は出勤や通学などもあってバタバタしていて、みられないということも少なくありません。

なので、夜など、相手が帰宅した時間を狙って送った方が返信率も上がります。

 

ただし、注意すべきことがあります。それは超長文メールを送らないということです。

あまりにも長い文章が好まれるケースもありますが、逆に鬱陶しいと思われることもありえます。

やはり、相手も時間がたくさんあるわけではないので、長い文章を出されると、正直、面倒です。

相手の休む時間を奪うことになりますからね。

 

相手の連絡頻度に合わせて返信する

連絡頻度はどうすべきなのかって悩ましいですよね。

付き合う前にどれくらい連絡をしたらいいのか。

 

自分にとって普通に感じることでも、相手からすると、「しつこい」「絡みすぎ」と思われることも少なくありません。

なので、基本的には、相手からもらうメッセージの頻度に合わせて送ることが大切です。

 

顔文字や絵文字で脈ありを判断しない

よく巷の恋愛本をみていると、顔文字や絵文字から好意がわかると書かれていることもあります。

そのようなこともあって、男性が勝手に脈ありに思ってしまうことも少なくありません。

 

しかし、ハートの絵文字は必ずしも好意を表しているわけではありません。

単に、普通の顔文字や「笑」と同じような感覚で使っている女性も少なくありません。

なので、本当に好意があるのかどうかは、実際に食事を提案した時に、相手から誘ってくるか様子を見ることを推奨します。

 

付き合う前の理想的な電話の掛け方は?

LINEのやりとりがうまく続くようであれば、電話をかけて見るというのも選択肢としてありです。

この時に付き合う前の電話の頻度や内容についてもLINEと同様に詳しくみていきましょう。

電話をかける時には、事前連絡をする

もともとノリが良い女性の時には問題ありません。

しかし、急に電話をかけると、相手から引かれる可能性があります。

当然ながら、お付き合いするタイミングというのもありますので、電話する際には、あらかじめ「今日の夜21時に電話するよ」などの一言は欲しいです。

そうすることで、お互いに安心感が出てきます。

 

電話で話す内容は悩みの相談がおすすめ

では、電話の中で具体的にどのように会話したらいいのか?

会話が途切れて、沈黙してしまうことも少なくありません。

そうなると、気まづい雰囲気が流れてしまいますよね。

 

なので、電話でお話する内容はお悩み相談をオススメします。

自分の弱みをだすことで、距離感を縮めることができます。

さらに、相手から助言をもらうことができるので、あなたにとっては有意義な時間となるはずです。

 

ただし、この電話は相手から与えてもらいっぱなしなので、次に会った時には奢ってあげたりするようにしてください。

実際に、今回相談にのってもらったから、おごるよという繋げ方もいけますよね。

 

付き合う前の初デートに誘う際に使えるテクニック

付き合う前の状態で、ある程度連絡を取れるような間柄になったら、次はデートに誘います。

その上でオススメの方法が2つあります。

 

ダブルバインドで強制的に選ばせる

心理学の用語で、「ダブルバインド」を使います。

 

ダブルバインドというのは、二つの選択肢を相手に選ばせて、自分の思っている行動を相手にとってもらうための心理誘導術です。

しんのすけ

しんのすけ
今週の土曜日か日曜日のどっちか空いている?

このように二つの選択肢を与えます。

そして、相手にデートに行かないという選択肢を取らせなくするのです。

 

人間というのは二者択一しなければいけない状態になると、無意識のうちにどちらかを選択しなければいけないと思わせることができます。

その結果、相手を初デートに誘いやすくなります。

しんのすけ

しんのすけ
今週の土曜日か日曜日のどっちか空いている?
あやんせ

あやんせ
土曜日なら空いてるけど。
しんのすけ

しんのすけ
海と山どっちが好き?
あやんせ

あやんせ
海の方が好きかな。
しんのすけ

しんのすけ
よし、今度の土曜日に海に一緒に行こう。
あやんせ

あやんせ
お兄ちゃん、きもい!兄妹間じゃ無理だよ笑

この兄妹はうまく言っていませんが、基本的に、このダブルバインドは成功率が高い方法です。

 

ドア・イン・ザ・フェイス

ドアインザフェイスという手法は最初に断られること前提で大きな要求を相手に仕掛けます。

そして、本当の目的である小さな目標を通すという心理テクニックです。

 

例えば、ディズニーランドに行こうと彼女に提案をしてみます。

普通に考えて、ディズニーランドに行くって、ある程度お付き合いしていると普通に行けますけど、2〜3回のデートではなかなか厳しかったりするものです。

 

しかし、近くの居酒屋さんで、夜一緒にご飯を食べるということなら、問題なくできますよね。

 

はじめに、ディズニーに行こうと誘って断られたとします。

「それならば、今度の土曜日に夕食一緒に行かない?」と続いてレベルを下げて相手にお願いをするのです。

 

一度断っているので、次の要求は断りづらくなるのです。

断ると、罪悪感が生じて、次のお願いを聞いてあげなくてはと思うわけですね。

 

ただし、このドアインザフェイスを使う際に注意しなければ行けないことがあります。

それは、あまりにも突拍子もないような要求をしてしまうと逆効果になることがあるということです。

あくまでも現実的な要求を相手に出すことが大切で、あからさまに嘘とわかるような内容はよくありません。

あまりにも過度な表現を使うと、関係性が壊れる可能性もあり得ますので、注意してくださいね。

付き合う前のデートの場所でオススメは?

それでは、付き合う前のデートの場所は具体的にどのような場所がいいのでしょうか?

付き合う前のデートスポットでよくない場所は?

はじめにお付き合いする前にデートスポットとしてよくない場所を紹介します。

デートスポットとしてよくない場所とその理由を詳しく確認しましょう。

不向きな場所①:海

付き合う前の時には、海は正直やめておいた方がいいです。

夏の場合は、水着になる必要があります。

女性からすると、体にコンプレックスを抱えていることもありますし、男性から性的な目で見られているのではないかという気になります。

また、冬は冬で非常に寒いだけです。

なので、素敵なスポットなので、交際してしばらくしてから行くようにしましょう。

 

不向きな場所②:遊園地・テーマパーク

遊園地やテーマパークは個人的にはあまりオススメできません。

というのも、待ち時間がどうしても長くなりがちだからです。

そして、当然、沈黙の時間が続く可能性も高くなります。

 

とは言っても、少し胸が踊るような、ドキドキを感じられる体験を女性と一緒にすると、吊り橋効果を期待できます。

二人で危険なことをすることによって、結束力や親密度が強まるという心理効果です。

その点では、遊園地やテーマパークもいいかもしれませんね。

 

ただし、地方の遊園地やテーマパークであれば、人が少ないこともあります。そのような場所なら、消してよくないという訳ではありません。

ディズニーランドのように毎日のように人で溢れかえっている場所は、あまり適しません。

また、ディズニーランドは本当に待ち時間が長いので、注意してくださいね。

 

不向きな場所③:自分の家

続いてオススメできないのは自分の家です。

付き合う前に家に連れて行くというのは、複数の友達と一緒であればいいのですが、そうでない場合には当然相手には性的な目で見られているのではないかと思われます。

やはり、男性と女性が一緒に部屋の中で二人っきりになると、ドキドキするものですよね。

場合によっては、ネガティブに思われる可能性も少なくありません。

なので、何か特別な理由がない限り、付き合う前に家に呼ぶのはオススメできません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

脈ありな女の態度は?脈ナシから脈アリにする裏技まとめ

男性向けデートの誘い方!なぜか女性から自然とOKをもらえる方法

社会人や大学生別の告白のタイミング!ベストはいつ?

デートで食事のおすすめは?食事代の出し方や店の決め方まとめ