女性との会話に二度と困らない!話題やネタを弾ませる15のテクニック

今回は男性向けに女性との会話はどのように行えばいいのかについて解説していきたいと思います!

女性との会話で相手を楽しませるコツや目線・視線の向け方、緊張した時の対処法、沈黙や盛り上がらない時の具体的な対処法、うまくいく会話の特徴を解説します。

女性と会話できないと悩んでいる男性諸君に必見の内容です。

 

男性友達なら普通に会話が続くにも関わらず、女性を目の前にすると、会話できない。

そして、沈黙の時間が流れて、お互いに緊張して気まづい状態になっている男性陣は意外と多いです。

ですが、あまりそこまで深く考えることなく、あるポイントをしっかりと掴んでしまうとそこまで怖くはありません。

ということで、はじめに女性との会話のコツとテクニックを徹底的にチェックしていきましょう。

 

そもそも女性と会話が続かない5つの原因は?

そもそも女性と会話が続かない理由を、僕自身過去に経験した女性との体験や友人と話してみて考えてみました。

そこで、見えてきたこととして、大きく5つのパターンがあります。

 

  • そもそも興味が違いすぎる
  • 話題が不足している
  • 価値観が違いすぎる
  • 自分の評価を考えすぎ
  • 沈黙=悪だと思っている

 

そもそも興味が違いすぎる

そもそも論なのですが、興味を持っていることが違いすぎると、会話って長続きしません。

1回目や2回目くらいであれば、特に問題はありません。

家族構成とか、趣味とか、特技とか、好きな食べ物とか当たり障りのないことを言っていたら、それで済みます。

 

しかし、2回目、3回目となると、何か共通の興味というのがないと、なかなか会話が持ちません。

 

例えば、同じ業種で働いているとすると、その仕事のお話をしたり出来ます。

名探偵コナンが好きなら、登場人物の安室くんの話でなんぼでも話せますが、この安室くんを相手が知っていてあなたが全然知らなければ、会話が続くことはありません。

なので、そもそも興味が違いすぎると、言い方は悪いかもしれませんが、地球外生物と一緒にいるような事態に陥ると言っても過言ではありません。

 

話題が不足している

そもそも、女性と一緒に時間を過ごすのはいいものの、自分の中で会話の引き出しが少ない場合、会話は続きません。

女性の中には、なかなか喋らないタイプもいます。

 

人から話を振ってもらえないと、会話に参加しないというタイプです。

そのような場合、男性が会話をリードする必要がありますが、男性の興味の幅が狭い場合には、話題がなかなか出てこず、結果的に、気まずい時間を一緒に過ごさざるを得なくなります。

 

価値観が違いすぎる

続いて、価値観が違いすぎるということです。

例えば、「意識高い系男子」と「安定を望む女子」二人がいるとしましょう。

 

この場合、意識高い系の男からすると、起業の話をチラつかせたり、意識高い系の発言を会話でしてしまったりします。

しかし、そういうことを望んでいない女性からすると、当然白けてしまいます。

「そんな危ないことするなよ」ってなるわけです。

 

自分の評価を考えすぎ

会話が続かなくなると、どうしても人間、どうしようとかって焦りますよね。

  • 「今どんな風に思われているんだろう」
  • 「会話が続かないからやばい」
  • 「ダサい残念な男と思われていないか」

こういうことって少なくないと思います。

 

この時の心理状態というのは、視点が自分に向いています。

女性がどんな気分になるのか、相手を思いやる気持ちが重要ですが、焦って、どうしたらいいのかってことを考えすぎて、結果的に空回りするパターン。

 

昔、ペアーズで女性を誘った時に、髭を剃り忘れて出て行った時には、この問題で苦しめられました。

結果的に、その女性とは初めて会った時に、なんか、不信感を持たれているなって気がしてなりませんでした。

 

沈黙=悪だと思っている

沈黙=気まづい空間という価値観が日本ではあります。

 

しかし、沈黙って別に悪くはありません。

相手に何か話しかけないかと思って、無理に話してドジを踏んだらそれこそ格好悪いです。

 

会話というのは基本的に、間というものがあります。

会話がない時には、ちょっとくらい休んでも言い訳です。

 

そのあと、どうしても会話が見つからないなら、相手の容姿を褒めたり、つけている洋服を褒めたり、料理の話題に移るとか、次のネタを見つけるようにしてください。

 

 

ということでまとめますと、女性との会話がなかなかうまく続かない理由として以下のようなものが考えられます。

  • そもそも興味が違いすぎる
  • 話題が不足している
  • 価値観が違いすぎる
  • 自分の評価を考えすぎ
  • 沈黙=悪だと思っている

 

まずは相手に興味を持つことが先決

ということで、会話が続かない時って誰しもデートで女性を連れ出すと1回や2回はあると思うのですが、そのような時にはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずそもそも論、相手に興味を持つということが先決です。

  • 相手の好きな音楽は何か?
  • 好きな話題は何か?
  • 好きな芸能人は誰なのか?
  • どんな人なのか?
  • 家族構成は?

 

このように、相手に興味を持つことで、質問すべきことって自然と出てきます。

まずは興味を持ちましょう。

 

女性と話すために、やるべき3つの戦法

さて、興味を持つことが重要とお話ししましたが、それが基本です。

そのことを意識した上で、ここからは、3つの戦法を使います。

  • 聞き上手戦法
  • 話題アンテナ戦法
  • ホメホメ戦法

この3つです。

戦略①:聞き上手戦法

一つ目は、聞き上手戦法です。

女性は基本的には、おしゃべりな人が多いです。

なので、話をしっかりと聞いてくれると嬉しく感じる人たちは多いです。

 

自分のことを話してばかりだと、相手はイラっとしてしまいます。

先ほど紹介したように、相手に興味を持てば、自然と相手から色々と聞き出すことができます。

しっかりと聞くことで、「信頼できそうな男だ」というイメージを持ってもらいやすくなります。

女性は、安心できる男性を好みますので、まずはずっしりと構えて、相手のいうことを全身で全て受け止めてあげましょう!

 

戦略②:話題アンテナ戦法

二つ目は話題アンテナ戦法です。

話題が尽きてしまうと、会話が持ちません。

 

なので、普段から色々と情報収集することが重要です。

特に、異性と出会うことが決まれば、その相手の興味あることは調べまくりましょう。

 

相手の会話に合わせられるように、まずは相手が興味あることを知るようにしてください。

テレビであれば、その番組名を調べて見たり、小説ならその小説を読んでみるのもいいです。

 

ただし、自分がどうしても興味を持てないものには無理に持つ必要はありません。

とはいえ、このように話題を集めていると結構有利ですよ。

 

戦略③:ホメホメ戦法

ホメホメ戦法。

基本的に人間というのは他者から承認されることで、喜びを感じます。

マズローの5段階欲求仮説でも、2位に来るのが承認欲求です。

 

なので、相手の良いところはどんどん褒めてください。

意外と女性の中には、自分の良いところをあまり褒められたことがないという人たちも少なくありません。

そのような女性を褒めることができれば、女性を虜にすることが出来るはずですよ。

 

 会話の基本は笑顔!8つの会話テクニックを解説!

当然なのですが、不機嫌な顔をしていると周囲の人たちというのは、あなたに声をかけようとは思いません。

しかし、ニコニコと笑顔でいると比較的物腰柔らかそうに見られるということもあって、女性からも話しかけやすいですよね。

 

ただし、常にニコニコしているのは舐められたり、軽く見られることもあります。

なので、会議の場などでは真剣な表情を見せたりすることで、そのギャップで女性はキュンとする可能性が高いです。

多くの女性がギャップ萌えしやすいですからね。

自分の弱みを先に出す

自分の弱みを出すというのも相手から好感を持ってもらいやすい手法です。

基本的に人間というのは誰しも自分の弱さを晒した人に対しては親近感を持つことができます。

もしもあまり話し慣れていないのであれば、「俺、あまり話し慣れていない。口下手だから。」と伝えておくと後々楽です。

女性からも「私もですよ」と共感してもらうことができるはずですよ。

 

相手に教えてもらう

あなたの狙っている異性が得意な分野について色々と質問して見てください。

例えば、もしも相手の女性が料理好きという場合には、「男性でも作ることができる料理を教えて欲しい」と尋ねて見るのも一つです。

基本的に、自分に自信があることであれば、いくらでも喋ることができますよね。

なので、相手が今はまっていることや得意なことについて色々と質問をして見てください。

 

目の前にあるものを質問する

もしも話題がないときには、しどろもどろしたり、気まづい雰囲気が漂いがちです。

そのようなときには、とにかく、目の前の事象についてお話をします。

 

例えば、近くに男の子がいたとしましょう。

そのようなときには、「自分に子供ができたときには、男の子なら野球を習わせたい」とかですね。

自分の見ているものの中で、何か会話につなげることができないのかを調べて見るわけです。

そうすることで、会話もうまく続いてくれるはずですよ。

 

5W1Hを意識しながら、話を行う

これは仕事の中でよく言われることかも知れませんが、5W1Hを押さえながら話をできるのかというのは非常に重要です。

仕事のシーンでは、これらのことをしっかりと上司に伝えたりする必要があるわけですが、とはいえ、よくわからないという方もいらっしゃると思いますので、復習します。

  • What(なに)
  • When(いつ)
  • Where(どこ)
  • Who(だれ)
  • Why(なぜか)
  • How(どのくらい〜か)

これらを意識することによって、より会話の中で出てくることを深めることができます。

 

単純に1対1の問答にならないようにすることが大切です。

 

5W1Hを意識していない場合には?

女性:『私、ミュージカル好きなんだよね。』

男性:『そうなんですね。』

相手に5W1Hを全く使わないと、なかなかそれ以上、会話を膨らませることができませんよね。

その結果、相手からも自分に興味がないのではないかと思われる可能性があります。

結果的に、気まづい雰囲気になって、関係が切れてしまうことも十分に考えられます。

 

 

5W1Hを意識した場合には?

では、逆に5W1Hを意識した時にはどのようになるのかですが、

女性:『私、ミュージカル好きなんですよね。』

男性:『そうなんですね。ミュージカルって、いつから見るようになったんですか?』

女性:『ちょうど3年前くらいかな。劇団四季のリトルマーメイドをみて感動したんです。』

男性:『なるほど。どんな演技があったんですか?』

このように、YesまたはNoでしか答えられない質問だと、話がそこで終了しがちなのですが、5W1Hを使うことで会話が弾むはずですよ。

 

相手の発言をそのまま返すオウム返しトーク

一般的には、話してばかりいる人よりも聞く人がモテます。

なので、いかに相手に話させてあげるのかが大切になります。

オウム返しというのは、相手の言った言葉をそっくりそのまま返すということ。

女性:昨日上司から酷い仕打ちを受けたの。

男性:そうなんだ。酷い仕打ちだったんだね。

 

このように、相手の言葉を繰り返すという単純な話し方であったとしても、相手には共感してもらえたと思ってもらえます。

無意識のうちに、自然と聞き役に徹することになります。

 

この会話テクニックを活用することによって、共感力のある男性というイメージを異性に与えることができますよ。

 

リアクションは可能なかぎり大きく見せよう

男性は一般の女性と比較すると、感情表現が乏しい傾向があります。

もちろん、性格によっては、明るいタイプの性格の人たちもいるでしょう。

 

そこで、ポイントになるのが相手の言動に対する少し大げさなアクションです。

外国人の話し方を少しイメージしていただくとお分かりになるかと思いますが、彼らはとてもオーバーリアクションですよね。

あとは、関西出身の人たちの言葉遣いを真似するというのも一つです。

  • 「ほんまかいな。」
  • 「それはえらい大変やな。」
  • 「うそやん」
  • 「マジで」

関西語にはややオーバーに言葉に弾みをつけてくれるような言葉が多数ありますので、この機会に是非とも取り入れてみてくださいね。

 

相手のできるだけ細かい長所を褒める

女性とお話をする際にできるだけ、長所を褒めることも大切です。

それも、あまり普通だと気づかないような場所を褒めるようにしてみてください。

女性:「今日も上司に怒られちゃった。私って本当に、仕事で頑張ってもミスばかりするんだよね。明日はミスしないように頑張らないと。」

男性:「そんなことないよ。君はいつもコツコツ淡々と努力してるし。そういう前向きなところはいいなって思うよ。」

 

このように相手の長所を褒めます。

なお、長所に関しては、できるだけ具体的にどのようなことに対して素敵なのか?良いのかをしっかりと伝えてあげることが大切です。

「そんなところまでみてくれてたんだ」と思うと、誰しも嬉しいものです。

 

事前に話題やネタ・テーマを豊富に持っていく

結局は会話に困らないためには、自分自身が言葉の引き出しをできるだけ沢山持っておくということが大切です。

少しでも多くの話のネタや話題を喋れる状態にしておくと、後々困ったりしませんよね。そこで、話題に登ることとしてよくあるものをまとめてみました。

  • 天気
  • 地元トーク
  • お互いの第一印象
  • 仕事や学校でのエピソード
  • 休日や平日の過ごし方
  • スポーツ
  • 好きなタイプの異性
  • 夢や将来
  • フェチ
  • 芸能人
  • 食べ物・飲み物
  • 趣味・特技

この辺りはすぐに話題が提供できるようにしておきたいです。

 

LINE編の会話の3つのコツ

続いて、今女性とメッセージをする際に欠かすことができないLINEの使い方についても一緒にみていきます。

LINE編の会話のコツ:長文は送らない

ラインの文章なのですが、あまり長くなりすぎないのが良いです。

たった1通で、手紙の文章のごとく、20行、30行にもわたる文章を送ると、相手はドン引きしてしまうんですよね。

そうなると、相手から自己中心的で自分勝手な人間というレッテルをあなたに対して張ってしまうこともあります。

また、それのみならず、長文が読むのが大変ですし、相手の貴重な時間を奪ってしまいます。

そのようなこともあって、ラインでは多くても5行くらいに抑えて送信することをオススメします。

 

短すぎるLINEは逆によくない

  • とはいえ、逆にあまりにも素っ気ないのはよくありません。
  • 「はい。」
  • 「了解。」
  • 「うん。」

このようにあまりにも素っ気なく返すと、相手から冷たいと感じられたり、怒っているのかなと思われることも少なくありません。

なので、できれば、絵文字や顔文字を使うなり、「!」などを使って感情を盛り込むようにしましょう。

 

絵文字を使いすぎるのも気持ち悪い

あまりにも男が絵文字を使いすぎるのも危険です。

少し慣れ慣れすぎないかと思われることもありますし、できれば、1回〜2回使用して、残りは「!」などを使って、言葉に弾みを出していけるとベストです。

LINEの会話のコツ2:スタンプを活用する

会話のコツでも紹介してきましたが、LINEにはスタンプがありますよね。

少しフランクな感じでメッセージを送ることに抵抗がある方は、スタンプを使うこともおすすめです。

  • OK
  • 了解!
  • 無理!

などいろんなメッセージのついたスタンプがありますので、これらを活用するのもありです。

 

スタンプから会話を膨らますというのもあり!

今では、本当に数多くのスタンプがありますよね。

そんな時に、そのスタンプについてメッセージを送るというのもありです。

 

  • そのスタンプってなんのキャラクターなの?
  • そのスタンプ、めっちゃ面白いね。

このように、ラインのスタンプをうまく使うことで、会話を広げることができますよ。

 

LINEの会話のコツ:「既読スルー」でも大丈夫!

LINEで既読マークがついたとしても、返信が返ってこないことってあります。

このときに、二度目、三度目とメッセージを送るのはよくありません。

 

ひょっとすると、何か用事があって、連絡ができずにいるという可能性もあります。

LINEのトーク術についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください。

>> LINEのトーク術を詳しく解説します

 

女性から嫌われる原因になりうることも解説しておく!

ここまで、喋る時やLINEやメッセンジャーで文章を送るときの注意点を解説してきました。

続いて、女性から嫌われてしまう原因になってしまう、よく男性が陥りがちな問題についても解説します。

土足でプライベートについて質問しすぎてしまう

初対面の女性との会話でよく陥りがちな問題として、相手のプライベートに土足で踏み込んでしまうことです。

もちろん、初デートというのはとても重要です。

 

なのですが、相手の経験人数を聞いたり、好きな体位を聞いたり、学生時代にいじめられていたとかって聞くのは、NGです。

1回目からこのようなことを話題にしてしまうとあからさまに、デリカシーのない男であると思われてしまいますから、注意してください。

 

自分のことばかりを発言してしまう

自分のことばかりを発言しまうのは、当然ながらよくありません。

相手の女性も自分自身のことを話したいのに、自分の話ばかりすると、相手から自分には興味はないのかって思われる可能性が高いです。

 

自分の好きなことや詳しく知っていることならいくらでもお話出来ると思うのですが、あまりに話しすぎると、相手から、人のことを考えていないと思われる可能性があるので、注意してください。

愚痴や不満をぶちまける

基本的にネガティブな発言というのは、人を楽しませることはありません。

もしもあなたが不満や愚痴ばかり言っていたら、相手からすると不快な思いしかしません。

 

よく、「料金が高い」とか「子連れが多くてうるさい」と言ったところで、聞いている側からするとイラっとしてしまいます。

ネガティブな気持ちになってしまったら、せっかくのデートがなんのために行なっているのかわからなくなりますよね。

関わらない方がいい男性と思われないように注意してください。

 

自分からはまったくしゃべらない

そもそも自分からあまり喋らないとなると、結構女性からすると厳しいです。

女性からすると、おしゃべりが好きでしょうって考えで、女性に会話を丸投げすることもわからなくもありませんが、自分のことも適宜混ぜつつ、お互いに会話を楽しめないといけません。

 

仏像になっていてはいけません。

もしも話すネタに困っているということでしたら、普段から、アニメをたくさん見たり、映画を見たり、自分から世界のことを知りに行きましょう。

 

相手の話を否定する

女性が発言したことに対して、全てに否定的に返してしまう男性もいらっしゃいますが、否定されて嬉しい人なんていません。

人のことばかりを批判していると、いくら論理的に正しかろうと、相手はいうことを聞いてくれることは無くなります。

なので、頭ごなしに相手のことを批判しないように気をつけてください。

 

沈黙するのが怖いから、落ち着きなく話をする

あまりにも喋らないというのもよくありませんが、沈黙が怖いということもあって、無理に話をしようとすることもあると思います。

しかし、そうなると、明らかに焦っている感が伝わってしまいます。

 

このようなシチュエーションでは、

  • もう少し落ち着けばいいのに
  • 別にそんなことを言わなくてもいいのに

このような類のことを話がちです。

 

もちろん、沈黙というのは怖いと思いますが、とは言っても決して悪いものではありません。

なので、無理に話そうとしなくてOKです。

 

態度が悪い

態度も重要です。どうしても態度が悪いと、相手に不快な思いをさせてしまいます。

会話をしている最中にスマホを触ったりすると、相手からすると自分の話を真剣に聴こうとしているのか心配になります。

なので、基本は相手をもてなす気持ちで臨むようにしてください。

 

自慢話をする

自分を少しでもよく見せたい。

その気持ちはもちろん、大切ではあるものの、あまりに自分の自慢話をしているとドン引きされてしまいます。

合コンなどのシチュエーションでは初対面でもあるため、かわいい子にアピールするために、自分の自慢話をやりがちです。

 

しかし、あまりに自慢ばかりすると、虚栄心の塊の人間なんだって思われてしまいます。

心のそこでは、イラっとされている可能性が高いので要注意です。

 

会話を深め広げようとしない

会話をしている時に相手の話を少しでも引き出して広げていこうとしないとなると、結構言葉に詰まりやすいです。

相手の受けごたえに対して相槌を入れつつ、さらに、具体的な質問をしてみてください。

そうすることで、よりスムーズに会話することが出来るようになるはずですよ。

 

女性との会話に二度と困らないテクニック

ということで、女性との会話で2度と困らないテクニックを解説してきました。

一番の基本は、まずは相手に興味を持つことが先決です!

 

そこから、以下の3つの戦法を活かしつつ、興味のある異性に急接近しましょう。

  • 聞き上手戦法
  • 話題アンテナ戦法
  • ホメホメ戦法

初めはなかなかうまくいかないこともあるかもしれませんが、最終的には慣れです。

女性との会話、少しずつ慣れて童貞男子を卒業しましょう。

 

関連記事

脈ありな女の態度は?脈ナシから脈アリにする裏技まとめ

社会人や大学生別の告白のタイミング!ベストはいつ?

デートで食事のおすすめは?食事代の出し方や店の決め方まとめ

NO IMAGE

【裏技あり】ペアーズでメッセージ交換を確実にこなしてデートに繋げるため方法

男性向けデートの誘い方!なぜか女性から自然とOKをもらえる方法

付き合う前のデートの成功率を高める方法