合コンで作ったグループラインのその後の実態を調べた結果

今回は合コンで作ったグループラインのその後というテーマでお話します。

合コンが終わったあとって、連絡交換をするじゃないですか。

その時に、グループラインを作ろうとか言い出す奴がいるわけですよ。

そんなに繋がっていたいのか…気持ちわりぃー。

あんなの僕からしたら、マジで時間の無駄です。

仮に入ったとしても、まぁ、一番初めに抜けてしまいます。

理由としては、合コンで作ったグループラインなんて作ったところでなんですよ。

ぶっちゃけ、興味のある女性の連絡先しかいらないしって話で。

しかも文章を送っても、なんかグループが白けていて、結局既読無視で終わるとかいうね。

もうなんや。

ということで、この記事では合コンで作ったグループラインのその後の実態ということで、解説します。

合コンで作ったグループラインのその後の実態

ちょっとツイッターで調べてその後の実態について検索をしてみた。

合コン後にできたグループラインで女性陣がなにも発言していない時点でいろいろと察せると思うのですが、それでも「また合コンしよう」「合コンセッティングしてよー」と個別ラインしてくる男達、強心臓としか言いようがない

— かおるん👻 (@kaaaaaoruuun) 2018年7月31日

女性陣!!

前職の同期に誘われて合コン行ったけどクソ気まずい感じで終わったww グループラインできて5分でみんな退室wwww

— tj@ピアノ (@tojio_) 2016年8月13日

あれですよね。合コンにしよ、婚活パーティにしよ、静まり返った時のあの気まづさはほんまやばい…。

合コンおわた。

楽しかったけど、グループライン作っても挨拶だけで終わる予感しかない。笑

— すずきさん (@ippemasando) 2018年9月8日

挨拶で終わる。

それよくわかる。

合コンや街コンの後に作られるも社交辞令の挨拶を済ませて後は二度と使われることのないグループライン

— チリ人妻アニータ (@hanazulu) 2018年1月4日

所詮は社交辞令じゃー!!!!

ただ、一部こんなメッセージもきました。

合コン後のグループラインで、初対面だった女の人2人から、またご飯行きましょとラインがあったので良い出会いありました

— ちゃんまち (@macho_co5) 2018年9月10日

合コンで作ったグループラインが不活発になる理由

そもそも、合コンで作ったグループラインが不活発になってしまう理由を推理してみることにしました。

そもそも合コンの時点でお互いに好印象を持てなかった

そもそも合コンでその場がうまく会話が弾むような環境が成立しないとグループラインを作ったところで、結局会話が成立するわけないです。

人というのは、第一印象のイメージによって、大部分が決まると言われています。

アルバート・メラビアン氏の研究によると、人の行動が他人にどのような影響を及ぼすのかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の速さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%であったと言います。

このようなことから、話の中身どうこうよりも、1回目に出会ったイメージで人を判断しがちになります。

そして、当日の話し方とか話の内容でほぼほぼジャッジ。

ペアーズなどのマッチングアプリでもそうですが、この人ないわって思われたら、ほぼほぼ次はありません(涙)

しかも、これはあなたにとっても同様のこと。

ブスやなって思ったら、その初めの印象が今後あなたの認識の中でずっと残ってしまいます。

それをかき消すのはよっぽどなことがない限り難しいわけです。

これが一つ目の理由。

そもそも合コンでこけた。

グループラインの持っている謎の無言圧力

グループラインをすると、会話を流す人もいますが、1人から2人くらいは一向にコメントを返さないことが少なくありません。

結局頑張っているのが一部の人たちだけ…。

グループラインでありがちなのが、話の盛り上がっている奴らが盛り上げ過ぎて、結局その人たちの独断場に。

そして、知らない間に無言のカオナシどもは、グループから退会してしまうわけです。

もちろん、合コンの時に全員が仲良くなることができたら、会話が活性化するかもしれませんが…。

そもそも会話のネタが乏しく話題が続かない

やはり、たった1回しか会っていないとなると、相手のことを深く知れたわけでもありません。

もちろん、表面的な会話はできるかも知れませんが、ラインのグループとなった時に、全員が共通してお話しできる話のネタって少ないですし。

他に会話できそうなことって、結局、ないんですよね。

あったとしても、また会おうよ。

しかし、その会うという行為自体、そもそも一回見て、いい人がいなかったという人からしたら、グループで会う必要なんてないわけで。

仮にいい人がいたら、個人個人で連絡先を交換して終了。

2人で会えばいいわけで、一緒にご飯行こうとかってならないはずです。

グループラインの唯一のメリットとしては他の合コンに参加できること

唯一グループラインのメリットとしては、他の合コンに呼んでもらえる可能性があるということです。

私の場合、以前、加入していたグループラインで、よく色んな男女をマッチングさせるために、友達とかを集めて飲み会を開いている28の女性の方がいました。

その方とは、合コンで一回会ってからその時に作ったグループラインで、今度合コンやろうと思うんですけど、いかがですかって。

確かに行ったら、別に婚活パーティとか、結婚相談所に行くとかして、お金を消費することはないので、そういう点ではまぁ、ええかなって感じ。

とは言っても、やっぱり個人的には不要かなと。

気になる人にアプローチするドキドキ感が消える

合コンに行った時に、グループラインを作るのは個人的には、まぁ、反対です。

理由は簡単。

合コンで気になる人がいるなら、どうせなら、自分からアプローチして連絡先を聞いた方が相手からしてもドキドキするし、自分としても連絡先をゲットできた!という喜びに浸ることができます。

これが合コンの楽しみであると思うのです。

もしもグループラインってことになったら、その時のドキドキ感はなくなってしまいます。

いや、青春をもっと謳歌した方がええよってレベルです。

確かに、まぁ、グループライン作って連絡先交換しましたっていうのもいいんですけど、そもそも、初めに紹介したように続かない確率が高いですし。

ブス女のメールアドレスなんていらないわけです。

(言い方が悪くてすんません。)

好きな人にアプローチするという神聖な行為をけがすることが本当に楽しいのかといえば、甚だ疑問を感じざるを得ません。

しかも、連絡先が鬼のように溜まってしまったら、探す時に面倒じゃないですか。

ということで、結論です。

合コン後に作るグループラインはマジでいりません。

(Visited 76 times, 1 visits today)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

合コンでいい人いない原因とすぐ理想の異性に出会う対処法

結婚できない!泣きたいあなたへに対処法を解説します

街コンで疲れた!二度と行かないと思うあなたにおすすめの疲れない出会い方

30代で婚活がうまくいかない時の対処法!女性の現実を解説します

街コンの感想と体験を全部解説!微妙と言える5つの理由

すぐ別れるカップルの特徴とは?スウェーデンのカップル研究から判明したこと