マリッシュの業者・サクラ、やばい危険人物の見分け方と対処法

ゆりあ
こんにちは、キュンラブ編集部のゆかりです。

この記事では、マッチングアプリ、マリッシュのサクラ、業者、既婚者などの見分け方と対処法を解説します。  

マリッシュは、離婚歴があるシンママやシンパパ、バツイチが多いアプリ。

そんなマリッシュを安全に利用するために知っておきたい、マリッシュの危険人物の見分け方について解説していきます。  

 

マリッシュを検討されている方や使ってみてトラブルが多いと感じた方は参考にしてください。  

 

マリッシュにサクラはいるのか?

最初にマリッシュにサクラがいるのかですが、確かにGooglePlayやFacebook、Twitterなどをチェックしていると「サクラがいた」という声が上がっていたりします。  

 

しかし、「いない」と断言できます。   理由は大きく3つの観点からです。

  • 2016年から運営され事業が続いている
  • インターネット異性紹介事業として警察に届出している(受理番号30160062000)
  • 月額会員制なのでサクラを雇う必要がない
田辺
従来の出会い系アプリではメッセージごとに課金をする必要がありました。そのために、サクラをたくさん雇ってお金を儲ける会社があったのも事実です。しかし、マリッシュについてはこの辺りの心配はございません!

 

仮にサクラをたくさん投入していると、そもそも出会えないという苦情に繋がりますから、マリッシュの運営陣からすると入れる必要がないんですよね。  

 

サクラはいないが危険人物・要注意人物は混ざっている?確率は?

マリッシュでは運営会社がサクラを使っていることはありませんが、業者やヤリモクと言った危険人物・要注意人物が利用しているケースがあります。  

なので、マリッシュにどの程度、危険人物がいるのか、250名(男女125名)のプロフィールをチェックしてリアルで出会って、キュンラブ編集部独自の調査で調べてみました。

 

男性と女性のプロフィールをチェックして、明らかに、業者、既婚者、ネットワークビジネスの勧誘と思われるような人たちを探したところ、以下のような結果となりました。

マリッシュは、顔写真がすぐに表示されない(ルックスより価値観を大切にしているため)ので、業者も潜みやすいのかなと思ったのですが、そんなことはありませんでした。

ゆりあ
とはいえ、どのマッチングアプリでも危険人物はいるものなので、見分け方は知っておくことをおすすめします。
田辺
私もマリッシュを使ってみたのですけど、結論から申し上げますと、十人出会って、明らかにネットワークビジネスとかってわかる人はほとんどいない感じでした。どちらかというと婚活を焦っている人の方が多いのかなという印象を持ちました。

 

マッチングアプリで安全に出会う方法|おすすめランキング5選

 

マリッシュにいる危険人物や要注意人物の8つの特徴

それでは、マリッシュに絞って、危険人物や要注意人物の特徴を紹介します。

今回の定義としては、「関わることで、金銭的・精神的被害を被ることがある」という意味とします。

その上で要注意人物を紹介します。  

 

その1:バレた時に裁判沙汰になり得る既婚者

一番の危険人物は既婚者です。すでに結婚しているにも関わらず、マッチングアプリに登録している人たち。

特にマリッシュは、年齢層が30代以降が多く、既婚者が混じっている可能性は高いです。  

 

彼らは今の生活が嫌だったり、異性と遊びにいきたい、不倫、浮気したいという目的で登録しているので、自分から申告することがありません。

  • 既婚者と知った時には、すでに好きになっていた
  • 夫や奥さんにデートしているところを見られた

このような自体になってしまうと、あなたがいくら知らなかったとはいえ、裁判沙汰に発展することもあります。

田辺
なので、相手の家庭事情や暮らしなど、出会った時にはしっかりと聞いておくことを推奨します。あまり自分のことを話さない場合は要注意人物の可能性が高いので、注意してください。
 

その2:18歳未満の女の子

たまに、マッチングアプリでは最初の審査の穴をくぐり抜けて、未成年が登録していることもあります。

年齢確認をしたら登録できる仕組みをほぼ全てのマッチングアプリが取っていますが、写真の加工技術も発展しているので、盛ることも可能です。  

 

18歳未満の女の子が登録している理由としてはパパ活など、お金儲けが理由であることも少なくありません。もしも相手が未成年で夜の関係になると、知らなかったとは言っても刑務所行きです。

なので、あまりにも年齢が幼く見える女性は本当に注意しておいた方が良いです。

最もマリッシュはそういう女性は少ないですが、それゆえに若い人と出会えたという場合は注意が必要です。  

 

その3:お金目的の結婚詐欺師

結婚詐欺師にも要注意です。 同情を誘っておきながら、お金を要求してきたり、会う時に、お金がないという相談をされたりします。

「急に会社が倒産して」とか、「急に親友が病気になって」と言って金銭の要求。  

 

これは数は少ないものの、男性も女性も同じです。マッチングして、それまでは何もないように思わせながら、結婚まで発展した時に、正体を現すことがあります。

ゆりあ
このタイプの人たちも自分たちのことをあまり話したがらないので、身元の情報をあまりにも話さない場合は注意が必要です。休みに何をしているのかなど聞いてみるのがおすすめです。

 

その4:おかしな世界に引き込む宗教勧誘

宗教の勧誘をマッチングアプリで行なっている人たちもいるようです。 今どこかで寂しいとか、不安と言った感情を持たれている場合、注意が必要です。  

彼らの手口として、精神的によくない人たちの心の隙間に漬け込んで、自らの宗教に勧誘するようにしてきます。

そのようなおかしな宗教に勧誘する行為は危険ですので、注意してください。  

 

その5:ヤリモクの男性

マリッシュにはヤリモクで登録している人たちも一定数存在します。

数自体は少ないものの、普通にメッセージ交換をして出会って、そのままホテルに連れて言ってヤルというパターンも少なくありません。  

 

実際に、マッチングアプリで恋活ではなく、本当に自己満のために登録している人たちがいます。 会ってからすぐに、性的なことをチラつかせてくる場合は注意が必要です。

 

その6:投資やアフィリエイトや転売の塾への勧誘業者

マリッシュの中には、投資やアフィリエイト、転売などの塾に持ち込もうとする業者もいます。

もちろん、マリッシュに限らず、多くのアプリでこのような人たちを排除しようとしていますが、彼らも巧妙な手を使いマッチングアプリを使っています。  

 

一般の会員と同じように装っていたりして、実際に会った時に話を提案してくるパターンも少なくありません。

田辺
ということで、業者についても注意しなければいけません。

特にお金を稼いでいますというようなタイプの人たちには注意が必要です。  

 

その7:ネットワークビジネス(マルチ商法)に誘惑する人

ネットワークビジネス・マルチ商法もあるあるです。

ネットワークビジネスは日本ではネズミ講と言われたりしますが彼らの目的はセミナーに勧誘してそのまま会員にすることです。  

 

彼らは商品の素晴らしさを説明してきますが、そもそも薬機法で美容に効くとか、肌をすべすべにするとか、言ってはいけないことを言ってきますし、高い浄水器や鍋を購入させるようなケースもあります。  

 

そして、稼げるのは勧誘者だけで、あなたがカモにされるということも少なくありません。  

最近は美容室のカットモデルやタレントなどの芸能系のネットワークもあるようです。

ゆりあ
ただ、普通に出会いたいって人からすると、先ほどの業者と同様に面倒な存在ではあるので、注意が必要です。  

 

その8:LINEのIDやメールアドレスなどの個人情報を抜き取る業者

LINEのIDやメールアドレスなどの個人情報を抜き取るための業者もいます。

個人情報というのは高く売ることが出来るので、そのようなことを目的として登録している人たちもいます。  

 

なので、安易にマリッシュのメッセージ内では個人情報は出さず、メッセージ中でどこで会うのかを決めて、実際に出会って本当に信頼できそうなのかを見抜くことが大切です。  

 

その9:アプリへの勧誘業者

外部のアプリに誘導するような業者もいます。

彼らはマリッシュがなぜか開けないので、「別のアプリでメッセージ交換をしませんか?」という感じで誘導をしてきます。

ゆりあ
誘導された先では、メッセージする際にお金を課金する必要があったりして、結果的にお金をむしり取られるという事態に発展するので、注意が必要です。  

マリッシュの業者やサクラ、危険人物の見分け方9選

マリッシュのサクラや業者の見分け方を紹介します。

その1:「イケメン」や「美女」、「可愛すぎる」などのルックス

あまりにもルックスが良い美男美女は、業者の可能性が高いです。 もしも芸能人やモデルのようにルックスが良い場合は注意が必要です。  

業者の場合は、自分たちがいかにも稼いでいる、自由な生活をしている感を出すために、美容にこだわっているケースも少なくありません。

 

そして、その部分をもろに写真で表現するわけですね。  

最も自分の写真ではなく、SNSやブログから他人の画像を引っ張ってきているだけという可能性もありますので、注意が必要です。

ゆりあ
最もマリッシュは写真の掲載率が低いですが、そのような写真を見ると、そっちに関心がいってしまいがちです。ただ、あまりにも美男美女は注意してください。  

その2:お金持ちのアピールをしている

海外のビーチにいる、高級なお肉を食べている、高級ホテルで楽しんでいる写真などを掲載している人たちは注意が必要です。

ネットワークビジネスやバイナリーオプションなどをやっている業者は自分たちが高収入であることをアピールして、自分たちは裕福な生活をしているアピールをする傾向があります。

少し優雅な雰囲気を出している場合は疑うことをお勧めします。  

 

その3:プロフィールが意識高い系

プロフィールが意識高めな発言も注意した方がいいです。

ビジネスをやっているとか、経営者、副業の支援、女性が輝くための仕事をやっている、美容や健康、オーガニックに興味があるとかですね。  

 

ビジネスと言っている時点で、ネットワークビジネスの可能性が高いですし、多くのネットワークは健康食品を販売しています。

田辺
他にも、プロフィール写真も明らかにお金持ちアピール的な写真は注意してください。

その4:画像が1枚しかない

顔写真が少ないのも注意が必要です。

あまり情報が漏れて特定されると困るというのもあるでしょうし、業者はネット上の写真を使っているケースも少なくありません。

 

もしも本当に恋活や婚活をしているのであれば、少しでも写真は掲載していた方が有利ですが、それをしないという場合は、何か裏があると思った方が良いです。  

もちろん、写真の掲載率がやや低めなアプリですけど、本当に恋活・婚活で上手くいきたいと思っている人は何枚か写真を掲載しています。  

 

その5:肌を露出している

女性の場合、男を落とすという名目のために、肌を露出した写真を掲載しているということも少なくありません。

そもそもまともに恋活や婚活をしようと思っている女性であれば、そうやって色仕掛けで人を落とそうとするかと言えばありえません。

田辺
もしも真面目な出会いを探されている男性の方は注意をしてくださいね。

その6:「LINE好き」や「すぐ電話したい」というのも注意が必要

LINEが好きとかすぐに電話したいという人たちも注意が必要です。

確かに、マッチング後にすぐ会いたいという人たちはいるでしょうが、裏をみると、LINEのIDや電話番号を抜き取られるリスクがあります。  

 

ちなみに、「もうすぐマリッシュの有料会員登録が切れるので、出来たらラインでやりたい」という男性もたまにいます。

ここは判断が難しいですが、このような手口で個人情報を抜き取っている人たちもいますので、注意が必要です。  

 

その7:若いのに高年収

若いのにあまりにも高年収な人たちは注意した方がいいです。

例えば、20代で年収1,000万円というのは上場企業でも難しいわけで、それが可能なのは、フリーランスエンジニアやWEBメディアの運営など、一部のWEB系職種のみです。

それ以外は、ネットワークビジネスなどの可能性があるので、注意してください。  

 

その8:自己紹介文の情報が薄い

もしも自己紹介の情報が薄い場合、そもそも真剣に恋活や婚活をいない可能性が高いです。

普通、本当にちゃんとした伴侶を見つけたいと思うなら、しっかりと個人的な体験談を埋めるはずです。

 

そうでもしないと、自分の価値観や考えが合いそうな人に興味を持ってもらえないからです。  

ゆりあ
業者の場合は適当にアカウントを作成しているということも少なくありません。

結果的にプロフィールがすごく浅いものになっているということは少なくないですから。

 

その9:やけにハイテンションなメッセージ

あまりにも馴れ馴れしく、ハイテンションな感じなメッセージを送りつける人には注意が必要です。

ある程度勧誘に慣れている人たちは相手のことをやけに肯定したり褒めてきたりします。 あまりにも絵文字を多用したり、「いいですね」、「素晴らしい」など。  

 

これは会っても同様です。

営業が得意な人は相手をひたすら褒め称えて、いい気分にさせて信頼してもらうという方法をよく使うのですが、その褒め方に少し違和感を感じたら注意をした方が良いです。

ゆりあ
このタイプ、相手が男性の場合、ヤリモクの可能性もあるので、注意が必要です。

 

マリッシュで危険人物に接触しないためにできる6つのこと

マリッシュ以外のアプリでも言えますが、危険人物に出会わないためには、今回ご紹介することをオススメします。

その1:個人情報を安易に教えない

自分の個人情報を安易に教えないことが大切です。もしも心配という場合には、「連絡先を交換するならあった時に」というのがおすすめです。

また、自分からも異性のラインなどを聞かないという方法もありです。  

 

ただし、LINEの方がメッセージに気づく確率が高いということもあって、メッセージ交換でこの人なら大丈夫と思えるなら交換してもOKです。

たくさん数をこなすと、なんとなく「この人業者だな」とか、「真剣に恋活や婚活してそう」などってわかるので笑。

田辺
マッチングしてからすぐに電話でやりとりして、個人情報を教えてしまう方もいますが、マッチングした後にすぐ会うのは、業者である確率が高いので、注意してください。

その2:何かのビジネスセミナーへの勧誘に乗らない

何かのビジネスセミナーやタレントなど芸能系の仕事の勧誘に乗らないということも大切です。

 

ビジネスや何かの仕事の求人募集で参加している人たちがいることは紹介しましたが、相手から勧誘されると、それはアウトです。

最近は芸能界の話をちらつかせる人も少なくありません。  

 

その3:マリッシュの運営に問い合わせる

マリッシュはサポート体制が24時間365日フル稼働しています。

メールの問い合わせになるため、時間はかかるのですが、遅くとも半日~翌日に返事をもらえますので、何かあったら、すぐに相談可能です。  

 

その4:外部サイトやリンクに繋がれても乗らない

基本的に他のサイトに飛ばされたり、何か登録用のリンクを送られたとしても、基本的にはそのリンクは踏まないようにしてください。

純粋に婚活や恋活をしている人たちはそんなことしませんから。最近は、LINEのIDやQRコードなどを掲載して登録を促してくるパターンもあります。

マッチングした後に、何か送ってくる人がいると注意が必要です。  

 

その5:身元がわかるようなプロフィール写真は要注意

プロフィール写真を掲載する際には、極力自分の自宅の周辺でどこか特定されるような場所はオススメしません。

ユニバーサルやディズニーランドなど、多くの人たちが訪れる観光スポットなどで撮影するならありです。  

 

その6:メッセージ交換でしっかりやりとりする

マッチングしたらすぐに出会うというのはあまりおすすめしません。

やはり、メッセージ交換をしっかりとして、相手がしっかりとした人なのかしっかりと把握してから出会う方が良いです。  

 

このサイトでは、基本的に、1週間から2週間はしっかりとやりとりすることを推奨しています。 業者やヤリモク、詐欺師にしても少しでも早く出会いたいわけです。

だからこそ、メッセージに時間をかけてくれるのか調べてみてください。  

 

メッセージ交換が7通目から10通目あたりで異性をお食事に誘うようにしてください。

 

その7:個人的なことを聞いてみる

詐欺師や業者にしても、自分たちのやっていることをあまり語りがりません。

当然です。自分たちがそういう勧誘行為をしたりと腹黒な目的でマッチングアプリを使っているというのを知られたくないわけですので。  

 

Googleで画像検索してみる

Chromeには画像の検索機能があります。

もしも不安であれば、写真をグーグルの画像検索機能を使ってチェックされることをお勧めします。

もしも画像検索した結果、同じ写真が上がっている場合、画像を奪ってそれをマッチングアプリ内で使っている業者の可能性が高いです。    

 

後、ここまでは無理にしなくても良いのですが、

  • オープンなスペースで(車やカラオケBOXはダメ)
  • アルコールなし
  • 比較的明るい時間帯で
  • 人が多い場所で

 

この辺り、条件を守れるなら良いです。

全部無理にとは言いませんが、少し意識してみてください。  

 

マリッシュの危険人物に対する運営体制は整っている!

さて、そのような一部の人たちのために、マリッシュでは、そのような人たちをカットするための方策が色々と取られています。

運営陣の対処している部分は下記の通りです。

対策その1:年齢確認で怪しい人物はカットしている

マリッシュの年齢確認の主な方法は、以下の二つの方法です。

  • クレジットカード決済
  • 公的身分証明書

以上の二つの方法があります。  

 

クレジットカード決済のメリットは決済と同時に年齢確認が済みますが手数料を取られます。それ以外の方法は下記の身分証明書です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 年金手帳
  • 外国人登録証明書

ちなみに、年齢確認の際に6時間から24時間ほど時間がかかります。  

審査時間はそこまで長くはなく、次の日にはマリッシュを使えますが、この時に危険人物で紹介した年齢が18歳未満の人たちが紛れ込まないようにしています。  

 

対策その2:Facebook連携登録か確認できる

Facebookで登録した人なのかどうかを確認することがマリッシュでは可能です。

Facebook登録の場合は、友達が10人以上いないと出来ないなどの縛りがあるので、業者は入りにくいです。

 

  そして、Facebookから登録した方はFacebookマークがつく仕組みがあるので、このマークがついている人たちはおすすめです。  

 

もしも危険人物かどうか判断する上で、ここは一つのポイントです。  

 

対策その3:通報・ブロック・非表示できる

マリッシュには違反報告、ブロック、非表示機能があります。  

 

ブロックは相手に自分のプロフィールを見れなくする機能、非表示はあなたの画面に相手が写らないようにする機能。  

 

最後に違反報告は明らかにおかしなユーザーがいた時に、運営陣に知らせる機能です。

以下のように、違反したユーザーがどのような行為をしたのか知らせることができるので、何か被害に合えば、ここから通報したらOKです。  

 

 

対策その4:24時間365日の監視体制が整っている

マリッシュでは24時間365日の監視を行なっています。

なので、不審なユーザーや画像、個人情報の書かれた内容などを発見した場合、すぐに取り締まる準備ができています。

ゆりあ
メッセージ内容も目視で確認していますので、先ほど紹介した危険人物を確実に取り締まれる体制は用意されていると言って過言ではありません。

対策その5:あんしん電話機能がついている

マリッシュには安心電話機能という機能が備わっています。 マリッシュのアプリの中で会話などをできる仕組みです。  

 

LINE電話と似ているのですが、異性の声を聞くことが可能です。

マッチングアプリでメッセージ交換をした後に、電話をすることもあるかもですが、それは自分の個人情報を知らせることになります。  

 

それが不安という方はこの電話機能を使えば、個人情報は漏れないです。

マリッシュの危険人物や要注意人物まとめ

マリッシュに限らず、どのようなマッチングアプリも危険人物や要注意人物はいます。

最近は危険人物と思われないように、出会うまでは普通のマッチングアプリの恋活や婚活をしている方と同じような行動を取っている人も少なくありません。  

 

そう入っても、マリッシュは婚活意識の高い男女が集まっていて、そういう意味では、しっかりとしたアプリと断言できます。

田辺
私も使ってみましたが、問題なく異性と出会うことができましたので、使ってみてください。

マリッシュに関してより深く知りたい方はこちら!

>> 【2019年最新】マリッシュの裏口コミ・評判から厳選したあなたが知るべき情報

>> 【最新】マリッシュの料金全解説!男性が無料で使える裏技とは?

  なお、マリッシュはやはり顔写真がない人が多いという観点では、正直業者などが忍び込みやすいという一面があります。 そういうことが嫌という方はイヴイヴがおすすめです。

イヴイヴでは完全審査制で事前に怪しい人たちを排除する仕組みを取っていて、後発組のアプリでもあるのに、会員数が80万人を超える人気アプリです。

私もイヴイヴを使ってみましたが、最初の審査がやや厳しめです。 また、恋活や婚活への真剣度の高い人たちが登録しているので、全体的には今回ご紹介した業者や宗教などの勧誘といった危険人物は少ない傾向があります。  

不安な方はマリッシュより、こちらの方が良いかなと思いますので、登録してみてください。