UQ WiMAXとは?契約から特徴、解約方法まで1記事でまとめたよ

UQ WiMAXは、家でも外でもスマホやタブレット、PCをネットに繋げるモバイルWi-Fi、ポケットWi-Fiです。スマホの場合、テザリングという手段もありますが、このサービスを使うメリットやデメリット、契約方法から特徴、解約方法を解説します。

UQ WiMAXとは

UQ WiMAXはKDDIの関連会社のUQコミュニケーションズ株式会社のWiMAXのサービス名です。

20社以上のプロバイダ(販売代理店)がWiMAXを提供しているのですが、どの場所で申し込みしてもUQ WiMAXが管理している回線を使うことになります。

ですので、UQ WiMAXはWiMAXの本家、本元ということが出来ます。大きな特徴として以下の5つがあります。

  • 家でも外でもインターネットに接続することができる
  • 広い超速のエリア
  • ギガ放題でたっぷりとネットを使える
  • 工事が不要で即日開通することができる
  • ケーブルが不要で部屋の中がスッキリする

そもそもWiMAXとは?

そもそもWiMAXとは何かですが、Wi-MAXはモバイルWiFiの一つです。

光回線など固定回線とは異なり、工事が不要でルーターが届いた日からネットを使えるようになります。そして、配線の必要がないので、家の中が配線だらけになるという問題を回避できます。

また、片手に持てるサイズ感なので、持ち運びが便利で、回線を敷くために工事をする必要もありませんので、その点はすぐに利用することができます。

他社のモバイルWiFiとの比較

WiMAXは他のWiFiと比較すると、ネットを快適に利用できるコスパの高い商品です。

主要なモバイルWiFiというと、UQ WiMAX、ワイモバイル、Softbank、docomoがありますが、以下料金、ネットの広さをまとめて見ました。

月額費用エリアの広さ快適さ
UQ WiMAX4,607円
Y!mobile4,885円
docomo9,829円×
Softbank10,499円×

以上に基づいて、WiMAXのメリットを紹介します。

月額費用が安い

WiMAXは月額費用が安いという特徴があります。また、キャッシュバックキャンペーンも行われていて、他のモバイルWiFiと比較すると、実際に支払う費用が安いです。

2018年12月現在では、最大13,000円のキャッシュバックキャンペーンが行われています。月額料金は、Y!mobileとはあまり変わりませが、キャッシュバックがあるので、結果的に安いです。

使えるエリアが広い

ネットの快適さはほぼ同じのWiMAXとY!mobleですが、月額制限がないプランで、利用できるエリアはWiMAXが広いという特徴があります。

都市部では両方とも同じくらい利用することができますが、郊外に行くと、WiMAXの方が利用できるエリアが多いという特徴があります。

また、UQ WiMAXでは端末上でau回線に切り替えすることで、田舎や山間部などのネット環境の悪い場所でもネットを繋げることが出来ます。ただし、その月は7GBの月間制限がかかるので、注意が必要です。

ネットを自由に楽しむことができる

WiMAXは速度制限のルールが他のサービスと比較した時にゆるいという特徴があります。モバイルWi-Fiの場合は速度制限の事例として、以下の二つがあります。

  • 3日間制限
  • 月間制限

月額制限とは、月に一定のギガ容量を使うことで速度が遅くなることです。一方で、3日間制限とは、3日間の利用料が10GB以上になった時に、速度が遅くなることです。

3日制限月間制限制限時間制限時の通信速度
UQ WiMAX10GBなし翌日の夜間のみYouTubeは見れる
Y! mobile10GBなし翌日の夜間のみYouTubeは見れる
docomoなし30GB月末までWebサイトの表示時間が遅い
Softbankなし50GB月末までWebサイトの表示時間が遅い

UQ WiMAXとY!mobileで注意すべきことは、3日間の制限です。3日間の合計使用量が10GBを超えたら、翌日の夜の18時から約8時間のみ、通信速度が1Mbpsに制限がかかります。かなり遅くなると感じられるかもしれませんが、YouTubeの標準画質の作品を普通に視聴できる点、安心できます。

一方で、docomoとSoftbankは月間制限があります。月に利用できる容量が決まっていて、仮に制限がかかってしまうと、不向きです。制限をかけられている間は、YouTubeは当然、Yahoo!のトップページを開くのも非常に困難で、時間がかかるので、ストレスがかかります。

WiMAXを私も愛用していて、実際に、東京の都心部で測って見ると、27Mbpsから33Mbpsあたりで推移していて、十分動画を楽しめますし、SNSのタイムラインの読み込むも問題ありませんでした。

ちなみに、これらはUQ WiMAXのみならず、GMOとくとくBBやBIGLOBEなどの他のプロバイダのWiMAXでも同様ですので、そちらも検討して見てください。

UQ WiMAXとGMOとくとくBB、BIGLOBEとの比較

UQ WiMAXは回線元であるからこそ、他のWiMAXと比較してもお得なポイントが多数あります。人気があるGMOとくとくBBとBIGLOBEを比較検討しました。

UQ WiMAXとくとくBBBIGLOBE
キャッシュバック13,000円42,200円3,0000円
キャッシュバックの受け取り安さ簡単やや難しい普通
公衆無線LAN無料有料有料
解約手続き当日解約可能20日までに申請当日解約可能
サポートセンター年中無休
9時〜21時
年中無休
10時〜19時
年中無休
9時〜18時
端末の発送時間当日当日翌日

UQ WiMAXのメリット・デメリットをまとめると次のようになります。

口コミと評判から判明したUQ WiMAXのメリットは?

UQ WMAXのメリットは以下の通りです。

キャッシュバックを確実にもらえる

UQ WiMAXでは、キャッシュバックを受け取る手続きは不要です。UQ WiMAXでは、商品券を契約した翌月末までに郵送で送られる仕組みになっています。

そのため、もらい損ねるという心配がありません。プロバイダによっても変わるのですが、40,000円や50,000円のキャッシュバックをもらえるということも少なくありません。

しかし、多くの企業が採用しているキャッシュバックを受け取る条件は、契約してから1年間後の1ヶ月の間のみとか、受け取るための手続きを忘れることも少なくありません。

端末が最短で当日発送される

UQ WiMAXはネットで申し込みすると、最短で当日発送になります。なので、引っ越し等ですぐにネットを使いたいという場合には、特におすすめです。

一般的な光回線の場合、工事をする日程を決めて、そこから工事が終了した後に複雑な設定が必要なこともありますが、WiMAXは場所によっては最短で翌日に受け取れ、かつ、簡単な操作をするのみでネットを使えます。

公衆無線LANを無料で使える

UQ WiMAXでは、東海道新幹線の新大阪から東京区間やカフェ、ホテル、駅、地下鉄、空港など、全国の約13,000箇所以上あるWi-Fiスポットで高速のインターネットを無料で利用することが出来ます。

UQ Wi-Fi プレミアムWi2 300、BBモバイルポイントなどのサービスを使えます。

私自身使って特に重宝するのは、新幹線の中や空港で利用できるということです。仕事などでPCを頻繁に使う場合、長時間ネット環境にアクセス出来るのは重宝します。

ちなみに、他のプロバイダを使った場合、公衆無線LAN設定を使うのに、月250円から500円ほどの有料オプションに加入することが条件になります。

サポートセンターの受付時間が長い

サポートセンターの受付時間がとても長いのがUQ WiMAXの特徴です。サポート受付期間が年中無休で、9時から21時で対応しています。

さらに、フリーダイヤルですので、基本的に料金がかかりません。公的機関などは典型的ですが、たいていの受付は17時から18時で終了になるところが多いですが、21時までサポートセンターは受付していますので、仕事で働いている日でもすぐに連絡を入れやすいです。

とくとくBBの場合は10時から19時、BIGLOBEは9時から18時です。また、とくとくBBの場合は有料通話なので、オペレーターと繋がるまで通話料金が溜まってしまうことも少なくありません。

当日に電話で解約可能

解約をする際には、UQ WiMAXの場合、電話一本で、即その場で解約することができ、日割りでその月の料金は精算されます。

一方で、GMOとくとくBBの場合は、毎月20日までに書面を郵送する必要があります。また、当月末に解約SIMカードも解約月の翌月末まで返却しない限り、解約処理することができません。

解約面で言えば、UQ WiMAXは一番心配がないと言えるかと思います。

口コミと評判から判明したUQ WiMAXのデメリットは?

一方で、UQ WiMAXのデメリットも一緒にチェックしておきましょう。

キャッシュバックが少ない

サポート体制やネット環境、キャッシュバックが確実にもらえるという優位性はありますが、そのようなこともあってか、ややキャッシュバックの料金が低いです。

他のプロバイダでは40,000円以上のキャッシュバックがあるところも少なくありません。しかし、UQ WiMAXは1万円程度の商品券です。月額料金はそこまで大きく変わるわけでもないので、料金面のみで考えると、他のプロバイダの方が安いです。

GMOとくとくBBについて先ほどは叩きましたが、42,200円のキャッシュバックキャンペーンを行なっていて、料金面を重視する場合は、WiMAXを使うことをおすすめします。

月額料金がさほど安くない

UQ WiMAXの月額料金は他のプロバイダと比べてそこまで安くないです。プロバダごとの料金を比較した表を作成して見ました。

プロバイダ名UQ WiMAXGMOとくとくBBBroad WiMAX
1〜2ヶ月3696円3609円2726円
3〜24ヶ月4380円4263円3411円
25〜36ヶ月4380円4263円4011円

全体的に他のプロバイダと比較しても、そこまで安いというわけではありません。キャッシュバックもそこまでないので、月額の料金面でみる場合、Broad WiMAXの方がお得です。

ルーターの端末代がかかる

UQ-WiMAXはルーター代がかかります。他のプロバイダでは、端末代1円や実質0円で提供していて、この点はややデメリットです。なお、機種や契約する年数で端末代金は変わりますので、注意してください。

UQ WiMAXを利用した人たちの口コミと評判

UQ WiMAXを利用したユーザーから、Twitterに投稿されていた口コミや評判をまとめました。どのプロバイダも通信速度やエリア、速度制限に違いはないです。

悪い評判

一方で、やや光回線と比較すると、ネット環境が不安定とか、ネットゲームには向いていないという声が一部ありました。安定面では固定回線の方が効果的と言えそうです。

安定性という観点からすると、光回線の方が良いという感想を持たれた方が全体的に多かったです。特に、WiMAXの場合は利用できる時間帯に制限がありますので、ネットをフルに使いたいという方からすると、光回線の方がおすすめです。

UQ WiMAXの契約方法は?

値段の優先順位が低く、サポートの安定性を優先される場合は、UQ WiMAXをおすすめします。契約される場合は以下の方法で行なってください。

ステップ1:利用エリアをチェックする

初めに利用エリアをチェックするようにします。こちらからあなたのお住いの住所が対象になっているのか、チェックして見てください。

もしも調べて見て使える場合は、ウェブから申し込みをします。

なお、もしも繋がるのか不安な場合は、15日間の無料レンタルも行なっていますので、安心です。

下の記事も参考にしてください。

>> WiMAXを無料で15日間お試しする方法とは

ステップ2:申し込みをする

あなたのお住いの地域で申し込みできる場合は、こちらから申し込みします。

STEP3:端末はW05を選択する

選べる端末が複数ありますが、特におすすめは、W05です。

理由は、10,000円のキャッシュバックがついている点と、下最大758MbpsとUQ WiMAXの中では最速なためです。

WX05と比較すると、利用できる時間はやや短いものの、キャッシュバックやネットのスピードを考えた時に、W05の方が効果的と言えます。持ち時間は約9時間から10時間です。

STEP4:クレードルは必要ない

クレードルのセットがあります。クレードルとは、モバイルルーターを乗せて充電させたり、LANケーブルで固定回線と接続することができる機器です。2,400円から2,700円なのですが、これはなくても充電できますし、有線LANを使う機会が特にないので、不要です。

STEP5:auスマホならauスマートバリューで割引に!

もしもスマホキャリアがauの場合は、auスマートバリューmine(マイン)に登録することをおすすめします。

UQの「WiMAX 2+ルーター等」で「UQ Flatツープラス ギガ放題(2年/3年)」または「UQ Flatツープラス(2年/3年/4年)※1」を契約し、auスマートフォン/auケータイ(以下auスマホ等)で「au スマートバリュー mine」をご契約いただくと、auスマホ等の毎月のご利用料金を、最大1,000円割引が適用されます。

申し込み方法ですが、申し込みしてから3日後に近くのauショップかauケータイから157のKDDIお客様センターに問い合わせするとすぐにできます。

STEP6:端末が届く

端末はネットで申し込みした場合、早ければその日に発送されます。そして、最短で翌日に届きます。同梱のカードを差し込み、簡単な操作ですぐに利用することが出来ます。

STEP7:キャッシュバックを受け取る

キャッシュバックのついているUQ WiMAXを選択することで、翌月末までに、キャッシュバックが届きますので、それを受け取ります。

以上がUQ WiMAXの契約の流れになります。

UQ WiMAXの解約方法は?

UQ WiMAXの契約の解約方法は以下の通りです。

解約は電話ですぐにできる

解約手続きは、契約者本人がUQお客様サポートセンター「0120-929-818」に連絡すると完了です。

音声ガイダンスが流れたら、UQ WiMAXに関するお問い合わせは「1」を、UQ mobileに関するお問い合わせは「2」を押すように言われますので、「1」と覚えておくとスムーズです。

UQ WiMAXでは違約金が発生する

UQ WiMAXでは違約金が発生します。契約期間によって、違約金が変わりますので、注意してください。

UQ WiMAX 2年プラン解約違約金(税別)

契約期間金額(税別)
契約締結~13カ月以内19,000円
14~25カ月以内14,000円
26カ月目0円(更新月のため)
27カ月目以降9,500円

UQ WiMAX 3年プラン解約違約金(税別)

契約期間金額(税別)
契約締結~13カ月以内19,000円
14~25カ月以内14,000円
26〜37カ月目9,500円
38カ月目0円(更新月のため)
39カ月目以降9,500円

UQ WiMAX 4年プラン解約違約金(税別)

契約期間金額(税別)
契約締結~13カ月以内19,000円
14~25カ月以内14,000円
26~49カ月以内9,500円
50カ月以内0円(更新月のため)
51カ月目以降9,500円

チャットで相談することもできる

なお、料金や不明な点などはロボットがチャットで回答する仕組みも用意されています。

UQ WiMAXまとめ

今回は、UQ WiMAXについて詳しくまとめました。WiMAXは持ち運びすることができるので、気軽に利用することができます。

特に、回線元が提供しているサービスということもあり、キャッシュバックを受け取りやすいです。

価格面を最優先したいという場合には他のWiMAXをおすすめしますが、サポート面で見た時にはおすすめできるので、是非とも使ってみてください。

>> UQ WiMAXに登録してみる

(Visited 12 times, 3 visits today)

関連記事

関連記事がありません。